アラフィフの事実婚(内縁)ブログ

これから始まる50代を明るく、楽しく、アドリブをきかせての事実婚生活です。

【コロナ家族感染】陽性者を家に残して家族は別居した

医療機関に勤める妻はコロナ陽性者になりました

昨日の元気のない記事で書きましたが ↓

xn--1381-kk4c0i9cth.shop

勤務先の病院でPCR検査の結果陽性になりました。 仕事を切り上げて現在は帰宅をして1週間の自宅待機になります。

 

症状は熱は38度 喉の痛みが強いらしく 元気のない状態です。

 

今週の始めから病院のスタッフに陽性者が現れて 芋づる式に感染した経緯になります。

 

感染した事に対して強くは責めませんが 少なくとも病院経営者は 患者さんを診察する前に病院スタッフを守る責任があるとは思いますが

経営者の責任能力を問われる一件になったと 覚えておきます😑

 

尚 家族に関しては 発熱前に家族3人それぞれ間一髪別居をしましたので 二日間抗原検査で反応が出なければ 出勤OKと医師に言われました(まぁこの医師が経営者ですが…)

会社のベトナム人実習生の発熱外来を面倒みた話

家族のコロナ騒ぎと同時期に会社内でもベトナム人実習生が発熱により休みました。

 

まず初日 ベトナム人実習生から発熱があるので休ませてくれと連絡がありました。

 

私(責任者)が出勤すると部下からその電話の報告を聞いたので 少し時間が経った頃に連絡を取ろうと電話をしましたが 一向に繋がらず結果一日中電話が繋がらないので 家に出向き在宅を確認したので インターフォンを押してから 距離を保ち 検査まで終えてから出勤するように念を押しました。

 

次の日 熱が下がったので PCR検査の申し込みを医療機関に打診しましたが ほとんどが予約制や かかりつけでないとダメとか 電話すら繋がらずの現状になりました。

発熱をしているかしていないかで医療機関の対応が違った

結果 その日はPCR検査の予約すら取れず 次の日に持ち越しになりました。また次の日には発熱の状態になったので 前日と事情が変わり受け入れしてくれる医療機関が 更に狭まりました。

 

なんとか見つかった医療機関ベトナム人である事や その他の事情を説明をし 受け入れを認めてもらいましたが 医療機関からの最後の条件が 「必ず車で来院して検査の際は車で待機してください」と…

 

当然ベトナム人実習生の身なので 免許や車の所持はなく 又 発熱者を会社の人間や車を使って運ぶことができず なんとか近くなので徒歩で行かせてもらえないかと話ましたが 「車でないと受け入れません、皆様家族対応で車で来てもらっています」と一点張りでした。

 

このご時世なので医療機関のハウスルールは理解できますが 外国人なり交通弱者なりは切り捨てだなぁと強く感じました。

 

タクシーなりも検討しましたが 公共機関もダメと念を押され 更に救急車でも病院が対応が取れないと言われたので 他をあたることにしました。

 

捨てる病院あれば救う病院あり

次の日 市内のほとんどの医療機関に打診をしましたがPCR検査はしていないが発熱外来で診察だけはしてくれる病院を見つけました。

 

その病院は車に拘らず徒歩でも大丈夫との事で最初の発熱から3日後にようやく診察だけはしてもらえる形になりました。

 

尚 診察をしてもらった病院からPCR検査の電話番号をもらいましたが 翌る日に電話かけても全く繋がらないので 空気でした😑

まとめとして

今回のコロナ第7波は 感染者が最大になったそうです。私の家族や身近にも感染者がでる事態になりました。

 

今回の経験から 家族なりが感染した時の対策は地震津波などの災害と一緒で 避難場所や食料、水など 家族でしっかりと話し合っていたほうが良いと思います。

 

感染してから行動していると 動きが遅く 更なる感染を招きます。今回の家族の感染にしても 先手で別居したから良いものの あと一日遅れていたら…

 

私は別居初日に慌ただしい中 当日は歯も磨けず 風呂にも入れずで 家族の対応に追われました。 コロナと言う感染症に強烈なカウンターパンチを食らった週末になります。

 

皆様方も 本人と家族の感染後の対策を真剣に考えることを薦めます😓

f:id:adoribux2924:20220723214955j:image

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 内縁・事実婚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村